読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Bluetooth】おすすめのワイヤレスヘッドホンを紹介

f:id:knowledge01:20170129161832j:plain
音楽を聞くときには様々な手段がある。例えば、実際に生演奏や生歌を聞きに行くことやスピーカーを使用し自宅で音楽を聞くという方法もあります。
今回はその音楽を聞く一つの手段のヘッドホンについて紹介していきたい。だが、通常のヘッドホンとは少し違う、コードがないワイヤレスヘッドホンを主にしていきたいと思う。

SONY】 MDR-1000X

f:id:knowledge01:20170129162336j:plain

SONYから2016年に発売されている密閉型のヘッドホンだ。インピーダンスは16Ωになっており、スマホなどに直差しでも問題ない

機能としてはリモコン、折りたたみ、ノイズキャンセリングハイレゾ、マイク、リケーブルが備わっており、重量は275kgだ。

このヘッドホンの魅力の一つとしてノイズキャンセリング機能がとても優秀ということだ。形状的に外音遮断性は高く、それに加えノイズキャンセリング機能は加わるので外出先や人混みの中でも雑音が「無」に近い状態で音楽を楽しむことが可能

価格.com評価
★★★★☆(4.45)

Amazon評価
★★★★☆(4.3)



SONY】 h.ear on Wireless NC MDR-100ABN

f:id:knowledge01:20170129162451j:plain

h.ear on Wireless NC MDR-100ABNはSONYから発売されている密閉型のヘッドホンだ。インピーダンスは16Ωなので、スマホ直差しでも問題ない。他の機能としては、折りたたみ、ノイズキャンセリングハイレゾ、マイク、リケーブルが備わっており重量は290gだ。

先程紹介した「MDR-1000X」と比較してみると似たり寄ったりだが、多少違う点がある。装着感、音の広がりは少しではあるが劣っているが「MDR-1000X」より約1万円安い。

予算が許す範囲では「MDR-1000X」が良いが、好みや予算の関係で本ヘッドホンの購入を悩んでいる人は十分な性能を兼ね備えており、評判も高いためおすすめの商品である。


Amazon評価
★★★★☆(4.3)


BOSEQuietComfort 35 wireless headphones

f:id:knowledge01:20170129162557j:plain

QuietComfort 35はBOSEから発売されている密閉型のヘッドホンだ。リモコン、折りたたみ、ノイズキャンセリング、マイク、リケーブルが備わっており、重量は240g。

ノイズキャンセリングは搭載しており非常に優秀なのだが、「MDR-1000X」より多少劣っている。だが、音質面では本ヘッドホンはかなり評価されている。また、重量が240gと軽く携帯性に優れている。

「MDR-1000X」と本ヘッドホンのどちらを購入するか迷っている人は多いと思うが、両ヘッドホンに得意不得意が存在するため、実際に店頭に行き聞くことをおすすめする


SONY】 MDR-1ABT

f:id:knowledge01:20170129162649j:plain

MDR-1ABTはSONYから発売されている密閉型のヘッドホンだ。インピーダンスは24Ωであり、スマホに直挿しでも問題ない。また、折りたたみ、ハイレゾ、マイク、リケーブルが備わっており、重量は300gだ。

本ヘッドホンは「MDR-1A」のワイヤレス版である。「MDR-1A」は弱ドンシャリの音質であり、装着感にとても評判がある。また、有線、ワイヤレスと切り替えられるので、自分のスタイルに合わせられることが可能。

価格.comで毎年行われている、多くのユーザーから支持された商品を決める「PRODUCT AWARD」で2015年にヘッドホン部門で金賞と受賞している。ワイヤレスヘッドホンの購入を考えている人は本ヘッドホンを購入しても損はしない。


AKG】 Y50BT

f:id:knowledge01:20170129162730j:plain

Y50BTはAKGから発売されているBluetooth搭載ワイヤレスヘッドホンだ。有線、無線と使い分けができるので自分にあったスタイルで音楽や映画など見ることができる。また、この「Y50BT」には有線のみのモデル「Y50」が存在しており、ワイヤレスという点以外はほぼ同スペック。

できるだけ安くワイヤレスヘッドホンを求めている方は今ヘッドホンが一番のおすすめだ。価格で言うと1万円は超えるが、勝手損はしない性能となっている。
音質は癖が少なく値段以上の音を奏でるほか、ワイヤレスヘッドホンでの重要なバッテリーは満充電で最長20時間の連続使用が可能。

ヘッドホン本体の重量が245gと軽く、外出の際に使用するにも最適だ。また、小型で折りたたみ機能もついているので収納には問題なし。カラーも多く存在しており、選べる幅が広い。

SONY】 MDR-XB950BT

f:id:knowledge01:20170129162919j:plain

MDR-XB950BTはSONYから発売されている、Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンだ。インピーダンス24Ωと低めでスマホ直挿しでも問題ない。
本ヘッドホンには有線モデルの「MDR-XB950」が存在しており、ワイヤレスヘッドホンであることを除けばほぼ同スペック。

本ヘッドホンはSONYの人気シリーズ「EXTRA BASS」であるため、低音には大変評判があり、低音が好きな人は注目

価格も1万ちょっとでありお手頃である。値段に見合った音質ではあるが、低音がとても効いることが最大の魅力。また、デザインもSONYらしく、外出先での使用も周りの目線を気にしなくても大丈夫だ。

SONY】 MDR-ZX770BN

f:id:knowledge01:20170129163057j:plain

MDR-ZX770BNはSONYから発売されているBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン。本ヘッドホンには「デジタルノイズキャンセリング機能」「AIノイズキャンセリング機能」を搭載しており、最大の魅力だ。

デジタルノイズキャンセリング機能とは、ヘッドホンに搭載されているマイクから騒音をデジタル化して、抑えるといったものになっている。これが搭載されていることで、外出先でも騒音関係なく音楽を落ち着いて聞くことが可能

AIノイズキャンセリング機能とは、騒音の音に合わせてモードを自動的に設定する機能だ。騒音には人の声などの中低域、バス・電車の超低域、静かで広い帯域の音質があるが、これを自動で判断して設定してくれる機能。これが搭載されていることでより、無音の状態で音楽を楽しむ事ができる。

beats by dr.dre】 solo2 wireless

f:id:knowledge01:20170129163417j:plain

solo2 wirelessはbeats by dr.dreから発売されている、Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンだ。本ヘッドホンは基本的にはスマホDAPなどの直挿しする想定で作られているため、スマホDAPに直挿しでは相性がいい
iPhoneiPadiPodと連携して音楽を再生できる機能がついている他、満充電で12時間駆動するバッテリーが内蔵している。

値段が、2万超えではあるが、十分な音質で特に低音がよく聞いている。だが、一部のヘッドホンマニアの方からは値段以下の音質とも言われているため、音質重視の方は注が必要

本ヘッドホンはブランド力が優れており、外で使用している人も珍しくなくファッションの一部としても使用されるほどのヘッドホンであり、カラーバリエーションも豊富なため自分にあった色を選べる。

ファッションに気を使っていたり、外出先でしか使用しない人にはとてもおすすめできますが、室内のみの使用では辞めておいたほうがいいでしょう。