読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンテンドースイッチの詳細を簡単にまとめてみた

f:id:knowledge01:20170119202918j:plain

最近のゲーム業界を賑やかにしている、任天堂から発売を予定されている新ゲーム機「Nitendo Switch」。

現在のところ、「WiiUから何も学んでいない」「革命的なアイディア」などと様々な賛否両論の意見が飛び交っているが、実際はどのようなゲーム機なのか、簡単にまとめて見ようと思う。

Nintendo Switchとは

Nintendo Switchとは、任天堂から2017年3月3日に発売予定据置ゲーム機・携帯ゲーム機、両方に対応している全く新しいゲーム機だ。「ニンテンドースイッチドック」に携帯ゲーム機として利用できる本体を接続することにより、携帯ゲーム機本体の充電、家庭用ゲーム機として大きい画面でゲームをプレイが可能になっている。

・TVモード

Nintendo Switch本体をNintendo Switchドックに接続することで、HDMIケーブル経由でテレビに接続することにより大画面でゲームをプレイすることが可能

 

・テーブルモード

Nintendo Switch本体の背面にあるスタンドを立てて、Nintendo Switch本体のディスプレイをテレビに見立ててプレイする事が可能。

友達と一つのJoy-Conを分け合って、2人で遊ぶことができる。

 

・携帯モード

Nintendo Switch本体の左右にJoy-Conを接続することにより、ベッドの上や外出先でも気軽にプレイができるサイズになり、場所などに制限されずにゲームをプレイすることができる

 

現在ではこのような3つのプレイモードがあり、自分にあったスタイルのゲームモードが選べ、場所に制限されずにゲームプレイを楽しむことが可能になっている。ゲームモード切替時は電源を切る必要がないためスムーズに切り替えることができるため、非常に便利な機能の一つでもある。

Joy-Con

f:id:knowledge01:20170120001616p:plain

https://www.nintendo.co.jp/

 

Nintendo Switchのスタンダードなコントローラであり、「Joy-Con(R)」と「Joy-Con(L)」が存在し、接続・分離が可能になっている。

 

ボタン配置

ボタンの配置を見てみると、シンプルな配置になっている。「WiiU」と比較してみると、大きく変化している。「Joy-Con(R)」のRスティックボタンが「ABXYボタン」の下に位置している。「Joy-Con(L)」を見てみると十字ボタンではなくなっており、独立した4つのボタンが上下左右の入力に対応している。WiiUのコントローラーになれている人などは注意が必要。

 

画像には写っていないが、側面に「SLボタン」「SRボタン」「シンクロボタン」が配置してある。シンクロボタンとは、「Joy-Con」を無線接続する際にNintendo Switch本体に登録するためのボタン。背面には「ZLボタン」「ZRボタン」「取り外しボタン」が配置してある。取り外しボタンとは、Joy-ConをNintendo Switch本体から取り外すときに使用するボタン。

 

キャプチャーボタン

 「Joy-Con(L)」の下側にあるキャプチャーボタンは、Nintendo Switch本体のみでスクリーンショット、ゲーム画面の録画が可能になっている。現行の据置機ではゲーム機単体でスクリーンショット、ゲーム画面の録画、ゲーム画面の生放送配信などが可能になっておりキャプチャーボタンの機能もこの流れに乗るのが必然だろう。肝心な詳細については、まだ発表はされていない。

 

現行据置機でもあるPS4のキャプチャー機能は録画時間の範囲が設定されており、本来の画質より低下する。PS4アプリに「SHAREFactory」という動画を編集するアプリがあり、PS4単体だけでも多くのことができる。Nintendo Switchキャプチャー機能はPS4を超えることができれば満点だが、おそらく厳しいだろう。

 

だが結果的にはNintendo Switch本体のみでスクリーンショット、ゲーム録画ができる機能は嬉しい機能である。ゲーム画面の生放送配信については触れられていないが、可能になると予想している。

 

Nintendo Switch本体とNintendo Switchドック切り替え

TVモード(据置機)として遊ぶ場合はNintendo Switch本体からJoy-Conを取り外してNintendo Switchドックに接続することで可能になる。コントローラーはJoy-Conの他にもNintendo Proコントローラー、Joy-Conハンドルでも操作が可能になっている。

テーブルモードとして遊ぶ場合はNintendo Switch本体からJoy-Conを取り外して背面にあるスタンドを立て、Nintendo Switch本体のディスプレイをテレビと見立ててプレイが可能。

 

その他の機能

 

「触感」を得ることができるHD振動に加え、加速度センサー・ジャイローセンサーといったJoy-Con本体を傾けたり動かしたりする操作も可能になる機能など他にも多くの機能が搭載している。また、Joy-Conを分離した状態では2つのコントローラとして多人数で遊ぶことも可能になっており、拡張性の高いコントローラになっている。

Joy-Conハンドル

f:id:knowledge01:20170119002849j:plain

現在ではこのようなJoy-Conの片方を差し込むことでハンドルとして使用できるようになり、マリオカートなどに対応予定している。今後もJoy-Conの拡張性を活かしこういった機器は増えていくだろう。

Pro コントローラー

 

f:id:knowledge01:20170119003307j:plain

長時間ゲームをプレイする方や、快適な操作でゲームを楽しみたい方用に、グリップ型のコントローラーが別売りで発売を予定している。「Pro コントローラー」は充電式のワイヤレスコントローラーであり、TVモードやテーブルモードなどのゲームプレイが長時間プレイしても疲れにくく持ちやすいため、コアなゲーマー向けのコントローラーである。

 オンラインサービス

ニンテンドースイッチで初めてのオンラインサービスが2017年秋から正式スタートする予定がある。発売日の2017年3月3日からはオンラインサービスの内容の一つである「オンラインプレイ」が利用することが可能だが、正式サービス開始まで無料なので、それ以降は月額料金となる。

 

基本的なオンラインサービスの3つを紹介するが、これらのサービスは2017年のオンラインサービス正式開始時に利用することが可能となっている。

スマートフォンボイスチャット

友達とオンラインプレイなどの待ち合わせや、ゲームプレイ時のボイスチャットを楽しめるスマートフォン向けの「オンラインロビー&ボイスチャット」アプリを利用が可能になるサービス。一部の機能は夏に先行配信を予定しており、無料で利用することが可能になっている。

最近では無料で通話可能な「Skype」や「LINE」などで簡単に通話できるので、このオンラインサービスの必要性がよくわからないが、差別化は図ってくると私は予想しており、ただ「ボイスチャット」ができるのではなく、なんらか仕掛けてくるだろう。

月替りのフリープレイ

過去に発売されたファミコンスーパーファミコンなどのタイトルを月替わりで1ヶ月間制限なく遊ぶことができ、さらに当時はなかったオンラインプレイなどにも対応を予定している。

プレイステーションにも同様にPS Plusという月額制サービスがあり、そのサービス内容に「フリープレイ」というものがある。それはPS Plus加入者に向けて月替わりでゲームを幾つか無料で配信します。そのゲームを一度でもダウンロードしているとPS Plusに加入している限り何時間でもプレイが可能となっている。今回のNintendo Switchとプレイステーションのフリープレイを比較すると前者のほうが劣っているように感じる。

ソフト割引価格

Nintendo Switchソフトなどを割引価格で提供。

 

スペック

Nintendo Switch本体

 ディスプレイ:6.2インチ

ソフト形状:カード

解像度:最大1280×720(HD画質)

ストレージ:32GB

重量:約297g

Nintendo Switchドック

解像度:最大1920×1080 60fps

 

Nintendo Switch 同梱品

  • Nintendo Switch本体
  • Nintendo Switchドック
  • Joy-Con(L)、Joy-Con(R) グレー
  • Joy-Conストラップ×2
  • Joy-Conグリップ
  • HDMIケーブル(1.5m)
  • Nintendo Switch ACアダブター
  • セーフティガイド

Nintendo Switch 同梱品(ネオンブルーネオンレッド)

  • Nintendo Switch本体
  • Nintendo Switchドック
  • Joy-Con(L)ネオンブルー、Joy-Con(R)ネオンレッド
  • Joy-Conストラップ×2
  • Joy-Conグリップ
  • HDMIケーブル(1.5m)
  • Nintendo Switch ACアダブター
  • セーフティガイド

上記のどちらも2017年3月3日に発売を予定しており、両者の違いはJoy-Conのカラーが違うという点だ。カラーが違うからといって同梱されている商品は色違いのJoy-Conを除けばすべて同様の内容になっている。

Joy-Conは単体で購入するとなると「各7480円+税」になるので、どれを購入するかはしっかりと考えておいたほうが良さそうです。