読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HDMIの新規格「HDMI 2.1」が発表されたので初心者でもわかりやすく解説

f:id:knowledge01:20170106203208j:plain

HDMIとは知っていますか?

これを見ている中には知らない、知っているけど細かくはわからないという人もいるでしょう。

そこで今回はHDMIの用途、種類について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

HDMIとは

 

HDMI(エイチ-ディー-エム-アイ)とはHigh-Definition Multimedia Interface(高精細度マルチメディアインターフェース)の略で、映像・音声をデジタル信号で伝送する通信インタフェースの標準規格である。 Silicon Imageソニー東芝、トムソン、パナソニック日立製作所、フィリップスの7社が共同で規格を策定した

HDMI - Wikipediaより引用

 

この文を読んで大体わかりますよね。

 

映像と音声を転送するインターフェースです。

 

今までは皆さんご存知のRCA端子(黄白赤の端子)がよく使われていました。

 

RCA端子は黄が映像、白赤が左右の音でデータを転送していました。

 

ですが、HDMIはPCとディスプレイをつなぐDVI規格を改良し映像、音声を一つのケーブルにまとめ、更一度にデータを送れる量が大幅に上昇しました。

 

現在ではほとんどHDMIに移り変わっていますよね。

 

それほど便利ということです。

 

私達の身近なところにもHDMI規格は結構使われています。

 

例えばテレビであったり、ゲーム機であったりPCモニターであったりと、多くの機器に採用されており、とても便利な規格なのです。

 

 

HDMIは全部同じなの?

 

HDMIは2002年にリリースされましたが現在まで開発に開発を重ねバージョンアップしています。

 

それを表すものが、HDMIのあとについている数字です。

 

例えば、「HDMI2.0」であったり「HDMI1.2」であったりとバージョンが付いています。

 

「HDMI1.0」が2002年にリリースされた一番最初のHDMI規格です。

 

最初の頃はフルHDの映像と音声しか転送できませんでした。

 

そこから5回ほどのバージョンアップされ現在では、「HDMI2.0」が最新です。

 

ここまでで4K対応、ハイレゾ、であったりと様々な改良がなされています。

 

古いバージョンのHDMIケーブルなどを持っている人は注意ですね。

 

一応、歴代バージョンアップについて記載しておきます。

 

f:id:knowledge01:20170107010438p:plain

HDMI - Wikipidiaより引用

 

 

HDMI2.1

 

 HDMI2.0からの進化をまとめますと、

帯域幅が48Gpsになった

 

帯域幅とはデータを一度に送れる量とおぼえていただいて大丈夫です。

 

この帯域幅が2.0では18Gbps、2.1では48Gbpsとなっていて、2倍以上向上しているのがわかります。

 

この数字が大きくなるほどより多くのデータを一度に送ることができるので4Kであったりとより多いデータのものを扱えるようになります。

 

4K120Hz、8K60Hzに対応

 

4Kというのは、標準のPCモニター(フルHD)の画素の4倍に当たります。

8Kは4Kの4倍ということになります。

 

120Hz、60Hzというものは一秒間に描写できる画像の数です。

 

地上波テレビは約30Hz(1秒間に30枚描写)であり、映画では24Hz(一秒間に24枚描写)です。

 

 

ダイナミックHDRに対応

 

簡単に解説いたしますと、従来のHDRより本物に近い明るさ、色の再現ができるというものです。

 

 

 発売

 

発売日は決まっていませんが、2018年に発売されるとの噂もあります。

 

2017年、今年の後半から何か動きがあると思われます。